わたしの【ヘルニア】の痛み・症状・治療法をすべてお話しします!

体験しました。

ヘルニアになりました。
そのいきさつは、ひとつき程前の風邪から始まります。
39度の熱を出しました。
風邪という診断で、2,3日寝込みました。
その後です。

【症状】
なにか腰の状態が悪くなり、その痛さは、右足まで広がっていきました。
腰から右足のくるぶしまでが、しびれて痛いのです。
すわったり、寝ているとポジションによりますが、痛みはやわらぐのです。
とにかく、立っていると痛くなってくるのです。
しゃがむと、少し楽になります。
土日を挟んでいたので、週明けに、家の近くの整形外科に行ったのです。

レントゲンを撮り、そのときは、

腰椎間が少し狭いですね。そこに神経が触れると痛みが発生します。

そのような診断で、痛み止めと胃薬を1週間分もらい、様子を見ていました。
ところが、全然痛みが引かなくて、足を引きずりながら歩いていたのですが、とうとう、現場で転倒してしまいました。
そのとき、メガネも壊れました。
幸い、怪我はしませんでした。

このままだと、どうしようもないと思い、再び同じ整形外科で診断を受けました。
そこで、腰に【ブロック注射】を打ちました。
これはかなり痛かったです。
ちょっとだけ、涙が出ました。
また、より強い痛み止めの薬をもらいました。
その薬は【リリカ】という名称で、

「最初の一日目と二日目は、3食後1錠ずつ、三日目と四日目は、2錠ずつ、五日目と六日目は、3錠ずつ飲んでみて下さい」

このような指示でした。
それで【リリカ】についてちょっと調べてみました。
下記参照↓

リリカを服用する方へ|リリカについて|リリカナビ 

つまり、
1. 体がお薬に慣れるように、医師の指示に従い「最初は少量から」開始します。
2. 体がお薬に慣れてきたら、痛みがやわらぐ量まで少しずつ増やし「あなたに適した量」をみつけていきます。
3. 痛みが長期間続いている場合は、治療にも時間がかかることがあります。
このような使用方法の薬です。

ただし、効果が出るのに20日〜30日(人によって違う)かかりますといわれました。
また、副作用で目眩などが生じるとのことでした。
その後に、様子を見てMRIを撮ってみましょうとの診断でした。

その薬を飲み、痛みをだましだまし、六日目のことでした。
急に、目眩と吐き気がして、立っていられなくなり、職場から何とか家に帰り、死んだように昏睡しました。

次の日には、直っていたのですが、心配で再び病院へ行きました。
そこで、MRI検査を受け、小さなヘルニアが発見されました。
MRIは、初めて経験した検査でした。
体から金属製の物をすべて外した状態で、15分程度、筒の中に入っていました。
金属音がちょっと気になりましたが、別にどこかが痛くなるわけではありません。
(※MRI検査は強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です)

いろいろな説明を受け、いまの「治療方法」を継続することにしました。

つまり、【リリカ】の量を少し減らし、胃薬の漢方薬を処方するというものです。
他には、無理のないストレッチとして
うつ伏せに寝た状態で体を少しずつ上に反らす運動を、毎日おこなっています。発病してから、現在約三週間以上過ぎていますが、多少良くなっているのかなぁという程度です。
そのうちゆっくり、温泉でも行きたいです。
若いときから姿勢が悪かったのが、原因なのかもしれません。

娘も先日ヘルニアで入院しました。
因果関係を、病院の先生に聞いたのですが、はっきりはわかっていませんとの回答でした。

長い付き合いになりそうです。

【楽天1位! 正規品!おすすめ!】【人間工学設計】\医師考案の尾てい骨 クッション/クッション 腰痛対策 椅子 座布団 おしゃれ 円座クッション 腰痛 骨盤矯正 産後 坐骨神経痛 クッション 産後 痔 クッション 座布団 車用 姿勢矯正

コメント

タイトルとURLをコピーしました